スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラーセラピーは色の意味は4種類?

カラーセラピーは色の意味は4種類?


カラーセラピーは、カラーボトルでからメッセージを読み取ることであり、
それも色を通して、読み取るわけです。


ですから、色の意味がわからねければいけません。
カラーセラピーの色には、心理4原色である 赤・青・緑・黄の4色、及び心理学的に
基本的欲求である 力・自由・学ぶ、遊ぶ・愛と絆 をもとに選択されているそうです。


色をじっと見るとその色はあなたの目から脳へ伝達され、体温、脈拍、食欲などに影響を与えます。
同時にイライラしたり、ゆったりしたりと心の状態にも影響があり 
リラックス効果ダイエット効果などなど様々な効果が期待できるそうです。


赤=力=自律的=意志の力=行動の欲求
緑=自由=自律的=意志の柔軟性=自己主張の欲求
黄=学ぶ遊ぶ=他律的=自発性
青=愛と絆=他律的=感情の深さ=満足と平穏の欲求=知覚力


例えば赤の色には赤の象徴“情熱”としてこの色は身体を鼓舞するエネルギーを伴って
人間の生殖器官にある生物学的な部位に働きかける色です。




虹の七色の最下層にあって、身体に最も浸透する力を有しています。赤色は生命力であり、
また物事を行動に移し、積極的に前進する『陽』の色です。


生命を吹き込むエネルギーである赤色は、ポジティブな意味では「生きる喜び」を、
同時にネガティブな意味では憎悪や嫉妬などの破壊的な感情をあらわし、
肉体的には炎症や体温を増大させ、高めるものです。


そのために行動と刺激、攻撃と破壊という両方の意味を持ちます。
代表的な4つの性格を研究する科学では、赤色は「怒りっぽい性格」をあらわすとしています。
また、性的な面では最も刺激的な力を持つ色なのでだそうです


カラーセラピストに興味のある方はこちらから資料請求ができます。
>>>美容と癒しのスクールならビューティー資格ナビ!









theme : 楽しく働く
genre : 就職・お仕事

癒し系の資料請求

ひよこ>>無料だピー!
 

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FX業者機能一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。