スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性の人気癒し・ヒーリング資格のスクール情報!サイトトップ >ネイリスト >>爪を見れば健康状態がわかる?

爪を見れば健康状態がわかる?

爪を見れば健康状態がわかる?

爪をチェックしよう。爪の色や形の変化には、様々な情報が含まれている。爪が病気にかかっているかどうかはもちろん、
老化のサインや、全身の病気が爪の変化として表れるケースもあるからだ。



爪の変化で健康状態がわかる理由の一つは、爪も体の他の部分と同じタンパク質でできているから。
タンパク質が不足するような病気にかかると、爪にも影響して爪が薄くなったり、形が変わったりするのである。



こうしたちょっとした爪の変化が病気の早期発見につながることも多い。
しかも一度起こった異常は、爪が生え替わるまで半年近く残るので、健康のバロメーターとして利用しやすいというわけだ。



自覚症状が出る前に、爪の変化でわかる病気の代表は肺がんだ。肺がんでは、指先が
丸く膨れ、それを包み込むように爪がかぶさる「ばち状指」になるケースが多い。






女性に多い貧血が「スプーン爪」という状態でわかることもある。一方、爪自体の病気もある。



爪は角質層が変化してできた皮膚の一部なので、水虫が爪にうつったり、乾癬という皮膚病の症状が爪にも出たりする。



他の病気が原因の場合は、手足の爪すべてに同じ症状が出る。それに対し、皮膚病や爪自体の病気では、1本から数本程度が異常を起こすだけなのが普通だ。



いつもと違う症状が爪に出た場合は、マニキュアなどでカバーするだけでいいかどうか、皮膚科医などに診てもらうことが第一だ。









theme : 働くということ
genre : 就職・お仕事

癒し系の資料請求

ひよこ>>無料だピー!
 

ブログランキング参加中

検索フォーム

QRコード

QR
FX業者機能一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。